ヘッドハンティングの道
ヘッドハンティングを通じて、様々人との出会いがある、その出会いから学んだことや感じたことなどをブログで記録する。

ヘッドハンティングとは、茶道の心得「一期一会」に通じます。

ヒトとヒト。ヒトと企業。企業と企業を結びつける。

ヘッドハンティングの道を極め、社会を良くしたいものです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mild-manner race
スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

I've always wanted to learn how to ride a horse.

テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

ジャニーズvs韓流
韓流ブームは、本当に凄い!ジャニーズがもっとも嫌な時代にはいっていきているように感じる。
これまでは、TVの世界で、背が小さくてもごまかすことができたが、
芸能界にも、背の高いハンサムな男性が出てくるようになり、これまで、
ジャニーズ事務所が潰していた背の高いカッコイイ男性たちを、TVがフューチャーするようになっていしまった。
キムタクやマッチなど、背の低い男性が、これまで、TVでもてはやされたいたが、
韓流ブームで、一挙に、背の高さを気にする時代に入った。
これまでは、TVの中で、ごませていたものが、そうはできなくなって
しまった。


医師の転職ポータルサイトD-net

テーマ:ファッション・コーディネート - ジャンル:ファッション・ブランド

メタボ健診受診率40%と低調 09年度、厚労省調査
40?74歳を対象とした特定健康診査、いわゆる「メタボ健診」の2009年度の受診率(速報値)が、全国で40・5%にとどまったことが、厚生労働省の2日までの調査で分かった。

 制度が導入された08年度の受診率は38・9%で、約2ポイント上がったが、低調傾向が続いている。厚労省は「がんなどと比べ、緊急性が低いと考えがちだが、放置すれば数十年後に深刻な影響が出る」として、積極的な受診を呼び掛けている。

 対象者数は約5220万人で受診者数は約2115万人だった。

 健診の結果、生活習慣病の原因になるとされるメタボリック症候群と診断された人は約311万人、予備軍が約265万人だった。

 診断後に保健師などによる保健指導が必要とされた約400万人のうち、実際に指導を受けたのは約52万人だけだった。

 運営主体ごとの受診率は、公務員らが加入する共済組合(65・4%)、大企業の社員が加入する健保組合(63・3%)と高かった一方で、中小企業の従業員らが加入する全国健康保険協会(30・3%)、市町村国保(31・4%)、船員保険(32・1%)と低く、二極化が続いた。

<共同通信>

・メタボリック症候群の診断基準

臍の高さの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合、この条件に下の3つの症状のうち2つ以上該当した場合、メタボリック症候群と診断されます。

1.中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方

2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方

3.空腹時血糖が110mg/dl以上

主な原因は食べ過ぎと運動不足です。それにより内臓脂肪ができ、また代謝異常が生じます。症状が進むと血液中のコレステロールや中性脂肪が増加し、動脈硬化の原因になります。食生活と運動で予防・改善ができる場合も多いので早めに生活習慣を見直しましょう。

医師転職はD-net

飲酒適量でも心房細動リスク 筑波大研究員ら関係分析
飲酒は量にかかわらず、脳梗塞などの原因となる不整脈の一種、心房細動の発症リスクを高めるとの解析結果を筑波大の児玉暁研究員、曽根博仁教授らが米学会誌電子版に26日、発表した。

 適量の飲酒(純エタノールで男性は1日24グラム以下、女性は12グラム以下)は心筋梗塞などのリスクを下げるとされているが、心房細動のリスクを下げるとは言えないと、児玉研究員らは分析している。

 純エタノール量は、例えばアルコール度数5%のビール中瓶(500ミリリットル)の場合、20グラムになる。

 児玉研究員らは、過去に海外で報告された飲酒習慣と心房細動の関係を調べた14の研究を解析。男女にかかわらず、摂取量が最も多いグループの人が心房細動を発症するリスクは、最も少ないグループの1・5倍との結果が出た。

 摂取量の区分は研究によって異なり、最多グループは1日に18?72グラム。摂取量が増えるほど心房細動のリスクが高まるとの研究結果が多かった。

 曽根教授は「高齢化に伴い、心房細動は増えつつある。特に過去に心房細動を発症したことがある人を中心に、脳卒中の予防のためにも、飲みすぎないことが重要と思われる」と話している。

<共同通信>

アルコールと生命予後については、Jカーブの理論(35歳以上の男性でビール500ml相当のアルコールは生体に良い効果をもたらす)が有名ですが、今回の様に否定的な意見も多数みられます。飲み過ぎには注意しましょう。

医師転職はD-net

copyright © 2005 ヘッドハンティングの道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。