ヘッドハンティングの道
ヘッドハンティングを通じて、様々人との出会いがある、その出会いから学んだことや感じたことなどをブログで記録する。

ヘッドハンティングとは、茶道の心得「一期一会」に通じます。

ヒトとヒト。ヒトと企業。企業と企業を結びつける。

ヘッドハンティングの道を極め、社会を良くしたいものです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国上海について
先日、上海に行ってきた。
特に、目的もなく、リクルートの友人と訪中する。彼は、中国語ペラペラの日本人で、
数多くの中国人のお友達がいる。初日の夜、上海で、対日向けの上陸コンサルティングをしている女性社長佐藤さんと、投資顧問会社をしている中国人庄さんとの会食をする。
庄さんのお知り合いの中華料理店ということだったが、とてもおいしい料理を頂戴することができた。
佐藤社長は、とても気さくな方で、初見とは思えないほど、ざくばらんな話を頂戴した。
公私にわたる話をしたが、中国でビジネスを成功するには、かなりの本気度というか、投資が必要になるものと、肌で感じました。その最大の理由は、信頼を勝ち取るための投資です。
やはり、中国では、詐欺まがいのビジネスも横行しており、
たとえば、エステサロンを開くあたって。『腕の良いエステシシャンを雇用し、その評判で、固定客を増やしていく』。といったような、やり方も、日本では通用しても、中国特に上海では、厳しいようである。知名度のない新規参入のお店は、信頼性に乏しく、広告費用を費やしたとしても、なかなか集客は難しい様子。最初の入会金だけ集めて、逃避するお店も多いようで、その信頼性を回避するには、百貨店の中に入っているとか、ステイタスの高いビルに入っているとか、あるいは、政府の関係ある施設に入っているとか、場所の信頼性というのは、日本と比較にならない様子です。要するに、信頼おける場所に事務所を構えている=会社・お店にも信頼がよせられる。といったことのようです。


医師転職はD-net
スポンサーサイト

テーマ:中国ビジネス - ジャンル:ビジネス

copyright © 2005 ヘッドハンティングの道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。