FC2ブログ
ヘッドハンティングの道
ヘッドハンティングを通じて、様々人との出会いがある、その出会いから学んだことや感じたことなどをブログで記録する。

ヘッドハンティングとは、茶道の心得「一期一会」に通じます。

ヒトとヒト。ヒトと企業。企業と企業を結びつける。

ヘッドハンティングの道を極め、社会を良くしたいものです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政治家はもう要らない
選挙のたびに、国民は無駄な時間を使っているように感じる。
「わが党は、国民とともに・・・」「私は、国民のために・・・」
毎回、選挙が終わると、その公約は、誰が言ったの?みたいな感じになってしまう。
この茶番劇につきあっている余裕も、今の日本にはなくなってきているし、もう、国会議員に
何かを期待すること自体が、意味を成さないということに、賢い日本人は気づいてきているように思う。
もともと議会制民主主義は、すべての人が、話し合うことが困難なので、
代理人を選挙で選び、その代理人によって、話し合いし、決定しようというシステムですが、
ITやメディアが進化した中、代理人ではなく、みんなで決めていくような新しいシステムができるように思います。

政務活動費の不正使用など、頻繁に事件が発生します。
この理由として、議員の質や意識の低下などといわれますが、
そもそも、「先生」などと呼ばれようになると、人は、偉くなったように勘違いして過ちを犯しがちと思ったほうが良いように思います。
ある種、ヒューマンエラーとして、起こるべくして起こる現象と捕らえたほうが、自然なのかもしれません。
もうそろそろ、先生と呼ばれる人たちから、別れを告げる制度にしていく時代にきているのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ヘッドハンティングの道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。